トップページ > 症例写真紹介

症例写真紹介

このページには男性器の画像が表示されています

 こちらでは、屈曲ペニス修正術、包茎手術、亀頭増大手術、シリコンボール挿入手術などの実際の症例をご紹介いたします。

 当院で行った包茎手術の傷跡はこちらでご確認ください

他院で行ったツートンカラー・ペリカン変形の修正はこちらです

屈曲ペニス修正の症例画像はこちらです

包茎手術について

手術後に腫れや痛み、出血や組織の壊死などは外科手術を受ける以上ある一定のリスクがあります。メリットだけでなくデメリットも詳細に皆様にお伝えしております。
当院は手術はすべて院長が行います。対応もすべて男性看護師が行うという完全有資格者体制で診療を行っております。カウンセラーという名の無資格者はおりません。ご安心してご相談ください。

≪ナースマンボイス≫
「局所麻酔が痛くなかった」と言われることがよくあります。特に、ほかのクリニックで亀頭増大などの施術を受けられた方は「麻酔が効きずらい体質ですね」って言われたなんて方も多くいます。局所麻酔が効きずらいということは基本的にないと思います。
陰茎根部ブロック麻酔は痛みを伴って当然と考える医師が多い中、どうやったら少しでも患者様に苦痛を与えないで手術を行えないかといろいろな方法を考え、治療を行っています。
また、「傷跡がキレイ」であることは形成外科として当然のことと考えますので、別途費用をいただかず、すべての方に一番キレイになる方法で縫合を行います。

サイト内検索

画像閲覧の操作

画像はタッチ(クリック)すると拡大画像になります。
戻る場合はスマートフォン(ブラウザ)の戻るをご利用ください。

症例紹介11:陰茎を長くする長茎術

術前

長茎術 術前

脂肪吸引+靭帯式長茎術
術後1ヶ月

長茎術 術後

術前

長茎術 術前 斜め

脂肪吸引+靭帯式長茎術
術後1ヶ月

長茎術 術後 斜め

陰茎を長くしたいということでペニスの根元で靭帯を処理して引き出しました。
同時にペニスにかぶさる脂肪も減らしました。

長茎術(ペニスを長くする手術)について

症例紹介10:亀頭のブツブツ治療

亀頭のぶつぶつ 治療前

亀頭周囲にできるブツブツの画像です。

亀頭のぶつぶつ 治療後

亀頭周囲にできるブツブツ除去の治療後の画像です。つるっとしたきれいな状態です。

屈曲ペニス修正術、包茎手術(亀頭直下切除法)と同時に治療しました。

亀頭のブツブツは特に治療しなくても問題はありませんが、見栄えを気にされて治療を希望される方が多くいらっしゃいます。

陰茎・亀頭のぶつぶつ治療について

症例写真9:左偽睾丸(人工睾丸)挿入術

左の睾丸摘出後に対して人工の睾丸(柔らかいシリコンインプラント)を挿入しました。

千葉県八千代市 20代 男性

術前

術後

症例写真8:嵌頓(かんとん)包茎手術

かんとん包茎 治療前

嵌頓(かんとん)包茎の治療前通常時の画像です。包皮輪が狭く締まっている様子がよくわかります。

亀頭直下切除法 術後3週間

亀頭直下切除法により嵌頓(かんとん)包茎を治療した手術後3週間後の画像です。しっかり露茎しています。

かんとん包茎 治療前

嵌頓(かんとん)包茎の治療前通常時を露茎して背面(小帯側)から撮影した画像です。元に戻らないほど嵌頓(かんとん)ではないようですが、包皮輪の締め付けがみられます。

亀頭直下切除法 術後3週間

亀頭直下切除法により嵌頓(かんとん)包茎を治療した手術後3週間後の状態を背面(小帯側)から撮影した画像です。当院の方法で小帯を温存しています。

当院の方法での小帯温存形成術を行っております。

かんとん包茎 治療前

嵌頓(かんとん)包茎の治療前通常時を露茎して右側から撮影した画像です。

亀頭直下切除法 術後3週間

亀頭直下切除法により嵌頓(かんとん)包茎を治療した手術後3週間後の状態を右側から撮影した画像です。

嵌頓(かんとん)包茎について

症例写真7:亀頭増大術(パーフォーム3cc)

パーフォーム3cc注入による亀頭増大術の症例です。

術前

パーフォームによる亀頭増大を行う前の状態を立位・正面から撮影した画像です。

術直後

パーフォームを3cc亀頭に注入して増大を行った直後の状態を立位・正面から撮影した画像です。カリのあたりから亀頭全体が一回り大きくなっているのがわかります。

術前

パーフォームによる亀頭増大を行う前の状態を立位・左横から撮影した画像です。

術直後

パーフォームを3cc亀頭に注入して増大を行った直後の状態を立位・左横から撮影した画像です。カリの張り出しが大きくなっているのがわかります。

術前

パーフォームによる亀頭増大を行う前の状態を仰臥位・正面から撮影した画像です

術直後

パーフォームを3cc亀頭に注入して増大を行った直後の状態を仰臥位・正面から撮影した画像です。亀頭全体がひとまわり大きくなっているのがわかります

術前

パーフォームによる亀頭増大を行う前の状態を仰臥位・右横から撮影した画像です

術直後

パーフォームを3cc亀頭に注入して増大を行った直後の状態を仰臥位・右横から撮影した画像です。カリの張り出しが大きくなっているのがわかります。

亀頭増大術について

症例写真6:包茎手術(仮性包茎)

治療前

仮性包茎の手術を行う前の状態を立位・正面から撮影した画像です。亀頭の露出はなく包皮が被っています。

包皮の余りが強い仮性包茎の状態です。

手術3週間後

仮性包茎の手術を行った3週間後の状態を立位・正面から撮影した画像です。亀頭はしっかり露出しています。

手術後約3週間後の抜糸時です。
まだ全体的に腫れが残っています。

治療前

仮性包茎の手術を行う前の状態を仰臥位・右横から撮影した画像です。先端まですっぽりと包皮が被っています。

手術3週間後

仮性包茎の手術を行った3週間後の状態を仰臥位・右横から撮影した画像です。露茎になりました。

全体的な腫れがまだ残っていますが亀頭は露出しています。

術後3週間の抜糸時の傷跡の状態

仮性包茎の手術の3週間後に抜糸を行った時の傷跡を左横から撮影してます。まだ腫れや赤味がありますがきれいに仕上がっています。

包茎手術3週間後の抜糸直後の傷痕の状態です。おおむね予定通りの傷痕です。

仮性包茎の手術の3週間後に抜糸を行った時の傷跡を小帯側から撮影してます。小帯を残す方法で行っています。まだ腫れはありますがもっときれいになっていくと思われます。

当院の方法での小帯温存形成の状態です。小帯自体もまだ腫れていますが時間とともにより自然になっていきます。

包茎手術について

症例写真5:シリコンボール挿入・亀頭増大・包茎手術

石川県小松市 50代 男性

治療前

亀頭の先細り・仮性包茎の状態

シリコンボール挿入+亀頭増大(パーフォーム注入)+包茎手術を行う男性の陰茎を正面から撮影しています。包茎の程度は仮性包茎でやや包皮が被り気味です。亀頭も先細りです。

施術直後

亀頭増大術・包茎手術・シリコンボール挿入

シリコンボール挿入+亀頭増大(パーフォーム注入)+包茎手術を行った男性の陰茎を正面から撮影しています。シリコンボールは3個挿入しており逆三角形状に入ってます。包皮もしっかり剥けました。亀頭増大のパーフォームを4cc注入してカリの張りもしっかりして全体的に大きくなった印象になりました

亀頭増大:パーフォーム4cc注入
シリコンボール:球状9mmを3個挿入

シリコンボールについて

症例写真4 :傷跡=美容的精密縫合法

亀頭直下切開法で包茎手術と屈曲ペニス修正を行って6ヶ月経ちました。通常時の陰茎上部の画像です。

通常時より自然に亀頭が露出しています。傷跡は亀頭直下にあるので、この状態では見えません。よくある「亀頭直下だと隠れるので目立ちません」というのはこの状態のことを指します。

傷跡をきれいにする形成外科の技術を全力でつぎ込みます。仕上がりの差をご確認ください。

美容的な縫合による手術をしております。傷跡はできるだけわかりにくく施術しております。

機能的にはもちろん、見た目が重要です。

裏側の状態です。自然な小帯の形を意識的に形成しています。

症例写真3:シリコンボール挿入手術

手術前

シリコンボール挿入手術前

剥けるのと同時に積極的な施術を望まれました。
自然に剥けるのですがやはり見栄えを重視されてのご来院です。

手術後

シリコンボール挿入手術後

非勃起時にはわかりませんが1周で3個入ってます。
勃起するとシリコンの輪郭がはっきりとします。
 

シリコンボールについて

症例写真2:亀頭増大手術

持続型ヒアルロン酸 4cc

手術前

亀頭増大手術前

包皮に守られた亀頭は張りがしっかりしていないことがあります。
この方は包茎の手術と同時に亀頭増大を希望されました。

手術後

亀頭増大手術後

しっかりした張りを出すことによって見栄えよくなりました。
早漏の防止効果も期待できますので、包茎手術を受けた方は同時にご希望される方もたくさんいらっしゃいます。

亀頭増大について

症例写真1:包茎手術

手術前

仮性包茎手術前

仮性包茎の症例です
自然に剥けるのですが皮の余りを気にされて治療を受けることになりました

手術後

仮性包茎手術後

施術直後のお写真になります。機能的に剥けるだけでなく見栄えにもこだわった仕上がりにします。

包茎手術について