トップページ > お役立ち情報 > 包茎とは? 

包茎とは?

こちらでは包茎について、特に、包茎の手術に必要性や介護時代における包茎手術の必要性いなどについて解説いたします。

包茎の定義

包茎とはどんなものかの説明をしていきます。

皮が常に亀頭を覆っていて亀頭が露出していないことをいます。
たとえ皮を被っていても、勃起時に自然に剥けるのであれば問題はありません。

常に包皮が亀頭を覆って、勃起してもまったく剥けない、いわゆる真性包茎や嵌頓(カントン)包茎の場合は保険が適応になる場合もあります。
また、無理に剥かないでください。元に戻らなくなって、でも、恥ずかしいからってそのままにしていると反転した包皮が腫れて、亀頭も赤紫色に腫れてきて、激しい痛みを伴うことがあります。専門のクリニックにご相談ください。

また、男性の約7割以上の方は「通常は皮をかぶっている」いわゆる仮性包茎になります。
半分以上の方が仮性包茎ならば、むしろ正常だと考えても良く、海外では仮性包茎=普通の男性の性器と考えられています。

しかし、日本では「皮被り」は良いものとはされていません。特に、通常時に皮被りのために公衆浴場に行くのが恥ずかしいと考える。外国と違い多くの人の前で裸になる風習がある民族ならではの悩みかもしれません。

情報社会となった現代、「自分でなおす方法」などがインターネットで簡単に探せるようになってきましたが、なかなか効果的な方法はないようです。手術による根治方法がおすすめですが、何となく怖いという方が多いようです。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」
まずは正しい情報と知識を身につけていきましょう。

包茎ですか?

露茎・仮性包茎・真性包茎・嵌頓(カントン)包茎
ペニスにはいろいろなタイプがありますがあなたはどのタイプなのかおわかりですか?

露茎・仮性・カントン・真性とありますがあなたのペニスはどのたいうでしょうか?

包茎手術をしなくてはならないでしょうか?

傷が目立たない方法で手術をします。

上の表で「露茎」「仮性包茎」「嵌頓(カントン)包茎」「真性包茎」のどのタイプかはおわかりになりましたか??

日本人の6割から8割は包茎であるといわれています。

では、包茎なら手術をしなくてはならないのでしょうか?

答えは「NO」です。

本当に手術の必要なケースは非常に少なく、ほとんどの方がそのまま生活をしても問題ありません。
本当に治療が必要な場合は、保険適応による手術ができます。

保険適応の手術は、包皮を剥くことに重点が置かれているため、手術の方法が限られており、また、「きれいに仕上げる」とか「傷を目立たなくする」ということは考えられていないため自由診療での治療を希望される方もいらっしゃいます。

詳しくは 包茎治療の注意事項をご覧になってください。

包茎が良くないと言われてる事

お風呂やサウナなどでの劣等感が一番に挙げれれます。包茎が悪いものとされている日本では、異性の眼だけでなく、同性の眼が気になるのも事実です。

 また、衛生的観念から見ると常に適温で覆われた状態が雑菌の繁殖の温床となるのは明らかです。
 包皮による過保護状態な亀頭が刺激に弱いのも当然で、早漏の原因の一つと言われています。亀頭育成の抑制になるとも考えられています。

 過剰なコンプレックスから異性に消極的になってしまいがちでもあります。

真性包茎・仮性包茎

このような分け方をしているのは日本だけで国際的には真性以外は包茎と呼びません。男性として生殖の機能があるからです。しかし、その国々でのイメージの違いがあるように、日本では良い事とはされていません。顔立ちや背の高さと同じくコンプレックスの一つとなっています。

また、様々な弊害があるのも事実です。早漏がちだったり、不潔になりやすいなど、あまり良いイメージが無い事ばかりです。

近頃では、見た目や見栄えを重視した治療を望まれる方が多くなっており、ますます技術力が重要視されるようになってまいりました。

包茎手術の必要性

機能面が損なわれていない陰茎は手術をしなければいけない状態ではありません。不安要素を煽り立てて手術をしないといけないような気にさせるところも多くあります。特に、仮性包茎の場合、手術の第一の目的は「見栄えの良さ」になります。しっかりとカウンセリングをして、しっかりとした診察を受けて、ご自身の希望にかなうかどうかを見極めていく必要があるといえます。

包茎手術について詳しくはこちらをクリック

介護のための包茎手術

最近、あるお仕事につかれてる方がよく手術にいらっしゃるようになりました。

介護系のお仕事の方です。

介護される方が包茎だと、臭いはもちろん、清潔に保つことが包茎でない方に比べてかなり大変なようで、
「せめて自分はそうならないようにしよう」

と、治療をご希望されます。

誰のための包茎手術かを考えさせられます。

40代,50代,60代,70代,80代の包茎手術はこちらをクリック