症例写真紹介_屈曲修正

症例写真紹介_屈曲ペニス修正術

このページには男性器の画像が表示されています

 こちらでは、屈曲ペニス修正術の実際の症例を症例写真をお見せしながらご紹介いたします。

屈曲ペニス修正術の治療は現在行っておりません

屈曲ペニス修正の情報提供のみとなります

サイト内検索

モニター様割引制度について

モニター様として写真の症例提示にご協力いただける方を募集しております。
お顔を出さないパーツモニター様と顔出しOKの顔出しモニター様を募集しております。
モニター様としてご協力いただける方はそれぞれモニター様割引料金にて施術をさせていただいております。
モニター様はご遠方で通院が難しいという方でも、画像をメールで送っていただければ可能なこともありますのでご相談ください。

画像閲覧の操作

画像はタッチ(クリック)すると拡大画像になります。
戻る場合はスマートフォン(ブラウザ)の戻るをご利用ください。

症例写真4:屈曲ペニス修正術(2方向)+包茎手術

神奈川県川崎市 20代 男性

術前

屈曲ペニス修正術の手術前、右横からのペニスの画像です。下向きに大きく曲がっています。

術後3ヶ月

屈曲ペニス修正術の手術後、右横からのペニスの画像です。下向きの曲がりが修正されて真っすぐになっています。

通常時 術前

通常時の陰茎を正面から写した画像です。屈曲はわかりません。仮性包茎なので包皮が被っています。

通常時の陰茎を右斜め前から写した画像です。この角度からも屈曲はわかりません。仮性包茎なので包皮が被っています。

屈曲は通常時にはわかりません。包皮が被った仮性包茎です。

通常時 術後3ヶ月

OPE後3ヶ月の通常時の陰茎を正面から写した画像です。しっかり包皮は剥けています。

OPE後3ヶ月の通常時の陰茎を右斜め前から写した画像です。亀頭がしっかり露出しているのがわかります。

見えない絞扼輪による術後の合併症を避けるため包茎手術を同時に行ったので通常時でも露茎になりました。

術後3カ月後の傷跡の状態

包茎手術後3ヶ月の状態です。今後より目立ちにくくなっていきます。
傷跡は個人差があります。この症例より綺麗なこともあれば目立つこともあると思います。参考として提示します。

亀頭直下切開法で包茎手術と屈曲ペニス修正を行って3ヶ月の傷痕です。

傷跡を出したところです。

横から見た術後3ヶ月の傷痕の状態です。

傷跡を出した状態です。

当院の方法で小帯温存形成を行いました。

裏筋の部分になります。
当院の方法で小帯温存形成を行っております。

症例写真3:屈曲ペニス修正術(1方向)+包茎手術

茨城県筑西市 40代 男性

術前

下向きに屈曲している勃起状態の男性器を右横から撮影した画像です。

術後

下向きの屈曲を修正した後の勃起状態の男性器を右側から撮影した画像です。根本の角度があるので真っすぐにするだけでしっかり上向きになっています。

屈曲ペニス修正術について

症例写真2:屈曲ペニス(2方向)修正手術+包茎手術

  1. 手術直後:包茎手術の比較
  2. 手術3週間後:屈曲ペニス(下向き→上反り)の比較
  3. 手術3週間後:屈曲ペニス(左→真直ぐ)の比較

手術直後:包茎手術の比較

千葉県成田市 20代 男性

手術前

屈曲修正2方向(下向きを上反り・』左曲りを真っ直ぐに)と包茎手術の手術を受けられた患者様の手術前の状態です。包茎の手術の比較のために包皮がかぶっている状態の画像です。手術用の布の前に亀頭が半分ほど露出した陰茎がう写っています。

屈曲の手術をご希望のされ、包茎の手術も行いました。包茎の程度はそんなに強くない方です。

手術直後

屈曲修正2方向(下向きを上反り・』左曲りを真っ直ぐに)と包茎手術の手術を受けられた患者様の手術直後の状態です。包茎の手術は亀頭直下法で行っているので亀頭直下の包皮と亀頭の境目に黒いナイロンの糸が付いています。陰茎はまだ腫れが残っています。

通常時もしっかり剥けています。亀頭直下法なので陰茎がツートンカラーになりません。

屈曲修正について詳しくはこちらをクリック

手術3週間後:屈曲ペニス(下向き→上ぞり)の比較

手術前

屈曲修正2方向(下向きを上反り・』左曲りを真っ直ぐに)と包茎手術の手術を受けられた患者様の手術前の状態です。屈曲の状態がわかるように勃起時左側からの撮影です。少し下向きに屈曲しています。

下向きを上反りへの形成を希望されました。曲りの程度は中程度です。

手術3週間後

屈曲修正2方向(下向きを上反り・』左曲りを真っ直ぐに)と包茎手術の手術を受けられた患者様の手術3週間後の状態です。修正の状態がわかるように勃起時左側からの撮影です。真っ直ぐよりやや上反りに形成されています。

陰茎前側が上反りになりました。もともとの根元の角度が上向きなので勃起角度も良いと思います。

手術3週間後:屈曲ペニス(左→真直ぐ)の比較

手術前

屈曲修正2方向(下向きを上反り・』左曲りを真っ直ぐに)と包茎手術の手術を受けられた患者様の手術前の状態です。修正の状態がわかるように勃起時上側からの撮影です。根元より左に屈曲しています。

根元から左に屈曲しています。陰茎自体の曲りは無いようです。

手術3週間後

屈曲修正2方向(下向きを上反り・』左曲りを真っ直ぐに)と包茎手術の手術を受けられた患者様の手術3週間後の状態です。修正の状態がわかるように勃起時上側からの撮影です。真っ直ぐに形成されています。

真っ直ぐに形成されました。勃起の角度もいいようです。

屈曲修正について詳しくはこちらをクリック

症例写真1:屈曲ペニス修正術(1方向)+包茎手術

  1. 手術3週間後:包茎手術の比較
  2. 手術中:NS paraelection法の実際
  3. 手術6ヶ月後:屈曲ペニス(下向き→真直ぐ)の比較
  4. 傷跡:美容的精密縫合法

手術3週間後:包茎手術の比較

東京都世田谷区 20代 男性

手術前

包茎手術前の状態です。仮性包茎なので勃起時には剥けるのですが、見栄えを意識して、屈曲修正手術と同時に包茎手術も行いました。

屈曲の手術でご相談を受けて、ご本人の希望で包茎の手術も行いました。

手術3週間 抜糸後

手術3週間後、抜糸のあとの状態です。傷跡もほとんど目立たず非常にきれいです。

しっかり剥けています。まだ感覚が鈍いところがありますが傷もとてもきれいです。
皮のたるんだ感じもなく良い結果だと思います。

手術直後の状態

包茎手術前+屈曲修正手術を行った直後の状態です。包皮はしっかり剥けるようになりました。まだ全体的なむくみはあります。

屈曲の手術でご相談を受けて、ご本人の希望で包茎の手術も行いました。

手術中:NS paraerection法の実際

屈曲ペニス修正前(手術中)

屈曲ペニス修正手術、最終デザイン時です。NS paraerection法で勃起状態を再現してます

麻酔でウトウトした状態になってから、NS paraerectionで勃起状態を再現します。曲りに合わせてデザインを行います。この方の場合、2ヶ所の曲りを修正したので4ヵ所の縫合を行ってます

屈曲ペニス修正直後(手術中)

2ヶ所の屈曲を修正して、真直ぐになったところをNS paraerectionで確認してます。

修正後、NS paraerectionで勃起状態を再現して状態を確認いたします。
ご希望であればご自身に確認していただくことも出来ます。

手術6ヶ月後:屈曲ペニス(下向き→真直ぐ)の比較

屈曲ペニス修正前

屈曲ペニスのモニター画像はご自身で撮影いただきます。来院いただいて勃起していただくのが難しいためです。

勃起した状態でないとわからないのでご自身で撮影していただきました。
下側への屈曲がみられます。

屈曲ペニス修正6ヶ月後

屈曲ペニス修正手術後6ヶ月経ちました。ご自宅で撮影していただいています

6ヶ月後の状態です。
傷跡も非常にきれいになっています。
違和感もなくなりました。

亀頭直下切開法で包茎手術と屈曲ペニス修正を行って6ヶ月経ちました。通常時の陰茎上部の画像です。

通常時より自然に亀頭が露出しています。傷跡は亀頭直下にあるので、この状態では見えません。よくある「亀頭直下だと隠れるので目立ちません」というのはこの状態のことを指します。

傷跡をきれいにする形成外科の技術を全力でつぎ込みます。仕上がりの差をご確認ください。

美容的な縫合による手術をしております。傷跡はできるだけわかりにくく施術しております。

機能的にはもちろん、見た目が重要です。

裏側の状態です。自然な小帯の形を意識的に形成しています。